水道用語解説詳細オンラインリソース

修理隊

収録用語一覧

ウォシュレット
ウォシュレットは、トイレの便座に取り付けて使用する、おしりを水で洗浄するための便利な日本の製品です。これは、トイレットペーパーやティッシュなどを使用せずに、水流を使って清潔になることができる装置です。ウォシュレットにはさまざまな機能が備わっており、温水洗浄や暖房機能、風乾燥、便座の温度調節などが含まれていることがあります。
ウォシュレットは、日本国内で一般的に使用されており、多くの家庭や公共のトイレで見かけることができます。これは、日本の衛生文化と技術の進歩の一例であり、快適さと清潔さを提供するために設計された便利なアイテムです。


ウォーターハンマー現象
ウォーターハンマー現象(Water Hammer Phenomenon)は、液体が急激に流れを変える際に生じる圧力変動による現象を指します。特に水道管や配管系統でよく起こる現象であり、水流が急に閉じたり止まったりすることによって生じる衝撃波です。
この現象は、次のような状況で起こることがあります:

●バルブの急な閉鎖
水が流れている状態で急にバルブが閉じられると、水流が急激に減少し、その前方にある水の質量が変化します。これによって圧力が上昇し、衝撃波が発生します。
●ポンプの運転停止
ポンプが稼働している状態で急に停止すると、水流が急激に減少し、同様に衝撃波が発生します。

ウォーターハンマー現象が発生すると、水道管や配管系統内で異音や振動が生じるだけでなく、配管や装置の損傷を引き起こす可能性があります。この現象を防ぐためには、以下のような対策が取られることがあります:
●ウォーターハンマーアレスターの使用
これは、衝撃波を吸収するためのデバイスであり、配管内の水の流れをスムーズに調整する役割を果たします。
●ソフトクロージャーバルブの使用
水流を徐々に制御することで急激な圧力変動を防ぎ、ウォーターハンマーを軽減します。
●配管設計の最適化
適切な配管の直径や長さ、バルブの配置などを考慮して、ウォーターハンマーの発生を最小限に抑えるような設計を行います。

ウォーターハンマー現象の管理は、配管システムの安定性と耐久性を保つために重要な要素です。


埋め戻し
「埋め戻し」は、主に水道やガスなどの設備や供給管を通じて供給されるサービス(水やガスなど)を、一時的に停止した後に再び供給することを指します。具体的には、以下のような状況で使用されることがあります:
●水道の埋め戻し
水道管の修理やメンテナンス作業などで水供給を一時的に止めた後、作業が完了した際に水を再び供給することを指します。水道管が一時的に空気で充満してしまうことがあるため、埋め戻し作業を行って水を戻すことが必要です。

このように、埋め戻しは一時的な供給停止後に、再び設備や管を通じてサービスを供給する作業を指す用語です。


雨水桝
「雨水桝」は、日本の都市や住宅地などで雨水を排水するための施設です。一般的には地下に埋設され、雨水の流れを調整し、洪水を防止する役割を果たします。雨水桝は、大雨時に発生する雨水の流れを制御し、下水道や排水溝を過負荷から保護することで、道路や住宅地の浸水を防ぐのに役立ちます。
雨水桝の基本的な構造は、桝蓋と呼ばれる蓋が付いた容器です。雨水が桝に集まり、適切なタイミングで排水されるように設計されています。桝蓋は通行人や車両の通行を妨げないように工夫されており、また、メンテナンスのために開閉できるようになっています。
雨水桝は、都市計画や防災の一環として設置されることが多く、雨水の適切な管理を通じて、浸水被害や道路の冠水などを最小限に抑えるのに役立ちます。地域の気候や降雨パターンに合わせて設計され、効果的な雨水管理の一環として重要な役割を果たしています。



総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.