水道のプロ用語を理解して修理とメンテナンスのプロセス

修理隊

収録用語一覧

元止式
「元止式」とは、日本の建築や工事現場で使用される漢字標識の一つで、工事や作業を行う際に通行人や作業員に対して注意を促すための標識を指します。具体的には、危険箇所や工事現場の周辺で通行する際に、安全に注意を払うよう呼びかけるために使われます。
「元止式」の漢字標識は、通行人や作業員に「元(もと)に戻る」「止まる」といった意味を持ちます。通常、以下のような場面で使用されます:
●工事現場の安全確保
公共の場所や道路で行われる工事現場では、歩行者や車両の安全を確保するために「元止式」の標識が使われることがあります。通行人に対して、その場所への進入を一時停止するよう促す役割を果たします。
●危険箇所の警告
作業中の危険な場所や障害物の近くで、「元止式」の標識が配置されることがあります。作業員や通行人に対して、近づかないよう警告するためです。
●安全確認の注意喚起
通行人や作業員が安全確認を行う際にも使用されます。自分の周りや進行方向をよく見て、安全な行動を促すための標識です。

これらのような場面で「元止式」の標識が使用されることで、工事や作業に関わる人々の安全を確保し、事故や危険を防ぐ役割が果たされます。


元栓
「元栓(もとせん)」は、水道設備において主要な水供給をコントロールするバルブや弁のことを指します。元栓は、建物や施設に水を供給するための主要な制御ポイントであり、水の供給を一時的に遮断したり調整したりするために使用されます。
具体的には、以下のような役割を果たします:
●水供給の制御
元栓は、建物や施設に水を供給する主要な制御ポイントです。元栓を閉じることで水の供給を遮断し、開くことで水の供給を再開できます。
●緊急時の対応
漏水や故障が発生した際に、元栓を閉じることで水漏れの拡大を防ぐことができます。緊急時の対応や修理作業の際に活用されます。
●メンテナンス
水道設備の定期的なメンテナンスや修理作業の際に、元栓を閉じて作業を行うことで、安全な作業環境を確保できます。
●節水
元栓を閉じることで水の供給を一時的に止めることができるため、節水を促進するためにも活用されます。

元栓は通常、建物や施設の中に設置されており、一般的には操作が比較的容易であるようにデザインされています。漏水や修理作業、水の使用制限などの際に、元栓の適切な操作が重要です。



総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.