水道用語集を活かして専門用語の意味を追求

修理隊

収録用語一覧

下水処理場
下水処理場は、主に家庭や工業などから排出される下水を浄化し、環境への影響を軽減する施設です。下水処理場の主な目的は、水質を改善し、水中の有害な物質や汚染物質を取り除いて、安全な水域や水源に戻すことです。
下水処理場の一般的なプロセスは次の通りです:
●前処理
下水が処理場に到着すると、最初に大きな物体や固体を取り除くために格子やろ過装置が使用されます。これにより、ポンプや配管が詰まるのを防ぎ、後続の処理工程を効果的に行うことができます。
●一次処理
沈殿や浮遊物の除去が行われます。大きな固体は沈殿させて取り除かれ、浮遊物はスクリューやスクリーニングプロセスを使用して取り除かれます。
●二次処理
生分解菌による生物的な処理が行われます。これにより、有機物や汚染物質が分解され、水質が改善されます。代表的な二次処理方法には、活性汚泥法や廃棄物処理法(オキシダションディッチ法など)があります。
●三次処理
必要な場合、一層の浄化が行われます。これには、ろ過、沈殿、殺菌、除磁などのプロセスが含まれます。特に、水域への放流に対する厳格な基準を満たすために行われることがあります。
●固体の処理
処理プロセスで生成される固体(汚泥)は、さらなる処理が必要です。これには、汚泥の脱水、乾燥、焼却、堆肥化などの方法が含まれます。

下水処理場は地域の環境保護や公衆衛生に重要な役割を果たしており、水質の浄化と持続可能な水の管理を支援しています。


下水道
下水道は、家庭や工業、商業施設などから排出される下水(汚水や排水)を収集し、適切に処理・排出するためのインフラストラクチャー(施設や設備)の総称です。下水道の主な目的は、公衆衛生の維持と環境保護です。
下水道システムは通常、以下の主要な要素から構成されています:
●収集ネットワーク
家庭や建物からの排水を収集し、下水処理場に送るための配管や管路のネットワークです。これには、家庭用の排水や雨水などが含まれます。
●ポンプス
地勢によっては、下水を処理場まで送るためにポンプが使用されることがあります。特に、地下に設置された下水道が斜度が足りない地域では、ポンプが必要となります。
●下水処理場
下水を受け取り、浄化処理を行う施設です。前述したように、下水処理場では様々な工程を経て、汚染物質や有害な成分を取り除き、環境への悪影響を最小限に抑えることを目指します。
●排出ポイント
浄化された水は、下水処理場から適切な水域(川、湖、海など)に排出されます。このとき、水質基準や法規制を遵守して安全な水環境へと戻します。

下水道は都市や都市部で特に重要であり、公衆衛生や環境保護の側面から欠かせないインフラストラクチャーです。適切な下水道システムの整備により、汚水が適切に処理され、感染症の拡大や環境汚染のリスクを低減することが可能となります。


減圧弁
減圧弁は、液体や気体の流体系統内の過剰な圧力を制御するための装置です。減圧弁は、特定の設定圧力を超えたときに自動的に開いて、圧力を安全なレベルに下げる役割を果たします。主な目的は、設備やパイプラインの破裂や損傷を防ぐこと、または過剰な圧力による事故を防ぐことです。
減圧弁の主な種類には以下のようなものがあります:
●安全弁
設定圧力を超えたときに自動的に開き、過剰な圧力を放出します。安全弁は主に液体や気体の容器、ボイラー、圧力容器などで使用されます。
●圧力安定弁
安全弁と同様に圧力を制御しますが、安全弁が設定圧力を超えた場合に完全に開くのに対し、圧力安定弁は徐々に開いて圧力を維持します。
●真空弁
流体系統内の負圧を防ぐために使用され、負圧が一定の閾値を下回ると自動的に開きます。
●圧力制御弁
指定された圧力範囲内で圧力を制御するために使用されます。自動化システムに組み込まれて、設定された圧力を維持します。

減圧弁は、工業プロセス、エネルギー発電施設、化学工場、石油・ガスプラントなど、さまざまな産業分野で使用されています。適切に設置・保守された減圧弁は、安全性と設備の保護に貢献します。



総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.